基本理念

中小企業の海外進出・海外派遣をサポートします

大企業の系列的な下請け中小製造企業経営者は、この数年大企業(親企業)の製造拠点の海外移転に伴い、いやおうなしにその協力会社として海外進出を受け入れざるを得ず、またこの間長引く不況で「親企業からの受注量の減少」「親企業からの受注単価の引き下げ」による売上高の減少など、親会社の影響を強く受け会社の運営に大変苦労されておられます。

さらに多くの中小下請け企業では親会社と異なり、自社従業員の海外派遣に対する労務管理、派遣に伴う諸規定などが整備されてなく、渡航手続き、派遣社員の現地での待遇・福利厚生、国内での給与、労働・社会保険の事務処理などどのように行ったら良いのか分からず、経営者の事業経営以外のご苦労も大変なものがあります。

一方わが国経済の不確実性が増大する中、リスクこそ収益をあげるチャンスとし、リスクを好機と捉え「新規新商品の開発」「新たな販路開拓」など、積極的な対応を目指し海外進出を考えている中小企業の経営者におかれましても、海外進出を成功に導くためには派遣される社員のモチベーションを高める労務管理システム作りが不可欠であり、その対応にも苦労されておられます。

そのような経営者のご苦労にたいし、長年国際人事に携わって参りました経験を活かし、それぞれの企業にあった海外旅費規程、海外勤務規程、海外給与規程、保険などトータル的にアドバイスをおこない、企業の健全な発展と、経営者が安心して社員を海外に派遣できるシステム作りをサポートします。